ましきクリニック耳鼻咽喉科

のど・口腔の病気

扁桃(へんとう)炎

症状

扁桃腺への細菌感染で溶連菌(ようれんきん)、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌
などが主な原因菌です。健康な時は抵抗力があるため発症しませんが、
カゼの後や免疫力が落ちている時に発症しやすくなります。
高熱、悪寒、のどの強い痛み、扁桃の腫れ、膿(ウミ)の付着などが起こります。
炎症が拡がると扁桃周囲膿瘍(しゅういのうよう)となり入院が必要となります。

当院での扁桃炎の治療方法

鼻・のどのネブライザーを行い、炎症を鎮めます。
また抗生剤を内服、重症例では、点滴治療も行います。

ご家庭での注意点

のどの痛みが強いので、食事や水分を摂りにくいですが
脱水を起こさないよう水分をしっかり摂取しなければいけません。
十分な睡眠、栄養のある食事をしっかり摂りましょう。
食事、水分がのどを通らないようなら点滴を行いますので、遠慮なくご相談ください。