ましきクリニック耳鼻咽喉科

のど・口腔の病気

口内炎

口内炎の原因と予防

 

口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症で口腔内粘膜のどこにでもできjob_nurse_man

痛みを伴い、しみたり、時には出血することもあります。

原因は、誤って粘膜を噛んだり、体力の低下やビタミン不足

口腔内が不潔であることなどが多く、ウィルスやカビ、アレルギーが

原因の場合もあります。

ほとんどは、1週間程度で治りますが辛い症状なので予防することが大切です。

口内炎を予防するためにはいつも口内を清潔に保ち、歯ブラシなどで

傷つけないようにすることが大事です。

ストレスをためないよう規則正しい生活に気をつけ

バランスのとれた食事、特にビタミンを多く摂取するよう心がけましょう。

 

 

アフタ性口内炎

 

口内炎の中で最も一般的な口内炎で単純に「アフタ」とも呼ばれています。medicine_nurigusuri2

円形や楕円形の潰瘍ができ、表面は白または黄色く、周囲が赤いこともあります。

頬の内側、歯肉、舌などに1個~数個あらわれ痛みを伴います。

原因は口腔内の傷、唾液分泌低下による口内乾燥、ストレスや疲労で

体力低下による口腔内免疫力の低下、ビタミンB群やCの不足、他の全身疾患など様々です。

一般的なアフタ性口内炎の治療は、口腔用のステロイド軟膏を塗ることですが

炎症が強ければステロイド内服を数日追加することもあり

重症例にはレーザー焼灼も有効です。

当院ではさらにビタミン剤や漢方薬(半夏瀉心湯、茵蔯蒿湯など)を

併用してもらうことでより治療効果を上げています。

アフタ性口内炎との鑑別を要する最も重要な疾患は口腔癌(がん)です。

特に舌縁(舌の外側縁)にできる口内炎は歯の刺激でなかなか治らないこともあります。

舌癌との鑑別が初期の段階では難しいことも多いため1週間たっても治らない、

色がおかしい、隆起しているなど少しでも気になる点があれば

できるだけ早く受診されることをおすすめします。

 

 

ヘルペス性口内炎

 

単純ヘルペスウィルスによる感染で、乳幼児に多く発症し、

口や唇、皮膚などに潰瘍が1個~数個まとまってあらわれます。

ウィルスを持つ人が使うタオルや唾液に触れることなどで感染が起こるといわれています。

歯肉の腫れや発赤、口内の痛みや水疱、発熱、頚部リンパ節腫脹などもあらわれます。

乳幼児では、口内の痛みで涎(よだれ)が増え食事や水分を摂取できないこともあります。

治療はウイルス感染ですので主に対症療法になりますが抗ウイルス剤を併用することもあります。

熱発は4~5日で落ち着きますが、口内炎が治るまで1週間程度かかります。

 

 

カンジダ性口内炎

 

カンジダというカビ(真菌)の一種が口腔内粘膜の表面に増殖することで起こり

口内で起こるカビが原因の病気の中では最も多い疾患です。

カンジダの病原性は低く、健康な人がカンジダ性口内炎になることはまれです。

糖尿病などの基礎疾患がある人や、抵抗力の弱い乳幼児や

高齢者、妊婦などに発症することが多いようです。

抗生物質の濫用や長期のステロイド使用などで常在菌のバランスが

崩れることも原因の一つです。

症状は口蓋、舌などに、点状や粉状、地図状の白苔が出てきます。

食べる時などに痛みがあり、白苔が剥がれた後は、赤く炎症を起こすこともあります。

治療は、抗真菌剤を含む薬でうがい、軟膏をつけるなどをおこないます。

基礎疾患の治療を行い、抗生物質やステロイドの減量を考慮し

栄養補給などで抵抗力を回復させます。

乳幼児の場合、口内の痛みなどにより、食事や水分摂取量が減ることがありますので特に注意が必要です。