ましきクリニック耳鼻咽喉科

鼻の病気

鼻出血の手当

症状

鼻出血になったとき、まず大切なのは落ち着くことです。

興奮することにより出欠が多くなる原因になったり止血しにくくなるからです。

出血部位は様々ですが、鼻中隔(びちゅうかく:鼻の真ん中にある仕切り)の

前方(キーセルバッハ部位)からの出血が多く

この場合は自分で応急処置が可能です。

 

止血の方法

nose201508041.  小鼻(鼻の外側のふくらみ)を親指と人さし指で強くつまむようにして圧迫します。

小鼻より上の目頭や、鼻骨(骨のある硬い部分)をつまむのは誤りです。

ティッシュなどを出血している側の鼻の穴に軽く詰めて

鼻をつまむとなお効果的です。

 

2. イスがあったら腰掛け、頭を軽く下げて(前にお辞儀をした格好)安静にしてください。

のどの方ヘ流れてきた血液は静かに吐き出し、絶対に飲み込まないでください。

鼻血を飲み込むと気分が悪くなり、嘔吐を引き起こします。

後に消化不良を起こしてしまうことも多々あります。

 

3.  そのままの姿勢で、5~10分間程度様子を見ましょう。

 

4.  それでも止血しない場合は、出血している側を下にして

横に寝て冷やしながら来院してください。

 

止血後の注意

・鼻内をいじったり、こすったりしない

・過労、過激な運動の禁止

・プール、入浴などの禁止

・酒類、香辛料のきつい食べ物の禁止

 

 

以上のことは出血がなくなるまではご注意ください。
また、出血を繰り返すようであれば、再度来院の上ご相談ください