ましきクリニック耳鼻咽喉科

鼻の病気

急性副鼻腔炎

症状

鼻の周囲にある副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる空洞の中にウイルスや細菌が
感染し膿(ウミ)がたまった状態を急性副鼻腔炎(ちくのう症)といいます。
炎症が進行すれば、視力障害や髄膜炎を引き起こすケースがあります。
慢性副鼻腔炎に移行することもありますので早期に適切な治療が必要です。
副鼻腔炎は小児の場合、中耳炎の原因にもなります。

当院での急性副鼻腔炎の治療方法

鼻処置、ネブライザーに加え、抗生物質などの内服を行いますが
漢方薬がよく効く場合もあります。重症例では、副鼻腔に穴をあけて洗浄したり、
内視鏡下での手術となるケースもあります。

ご家庭での注意点

治療で症状が治まっても再発することが多いため治療が長期化することがあります。
きちんと通院頻度を守って、根気よく治療しましょう。