新型コロナウイルス抗体検査(IgM & IgG)のお知らせ

2020.06.05 お知らせ,NEW

こんな方におすすめ

  • これまで特に自覚症状はないが、海外渡航歴があったり、疑いのある方と接触があり、新型コロナウイルス感染症にかかっていたか知りたい方
  • 以前に風邪の症状があり健康状態には戻ったものの、それが新型コロナウイルス感染症だったか心配な方
  • 職場復帰に際し、自らが免疫を持っている状態か予め確認しておきたい方

注意点

  • この検査費用は保険適用外で、8,000円(税込)になります。
  • 検査は県内に住民票がある方のみ可能です。
  • 旅行後感染者との接触疑いのある方は、2週間を経過した無症状の場合、検査可能です。
  • 現在症状(37.5℃以上の発熱など)がある方は、上益城郡にお住まいの方のみ診察をいたします。
  • 検査結果によって保険診療が必要になる場合がありますので保険証
    ご持参ください。

検査の流れ

問診票に記入

ご来院後問診票に必要事項を記入していただきます。

検査

血液を微量採取し検査キットにて15分後に判定します。

結果説明

検査結果と今後の方針を医師より説明させていただきます。

以上で検査は終了です。

抗体とは

感染症の診断に必要な抗体は、IgMとIgGという2種類です。
IgMは抗原つまり病原体が侵入した後に、最初につくられる抗体で、発症から約1週間前後で抗体量が増え、検査で陽性となります。一方、IgGは発症から3〜4週間経過してから陽性となります。

血清中のIgMIgG量の変化

抗体検査は、気がつかないうちに新型コロナウイルスに罹患済み(IgGを持っているか?、かかっていたかどうか?)かどうかを調べるための健康診断的な意義があります。

抗体検査の結果について

検査キットについて

感度(陽性反応の検出率) 96.7%、特異度(陰性反応の検出率)100%と現時点で最も正確で、国際的にも信頼性安全性の高いキットを使用しています。
当クリニックでは常によりよい検査キットを随時導入していきます。

アメリカ食品医薬品局(FDA)、中華人民共和国国家食品薬品監督管理局(CFDA)から薬事製造承認を得ている「CLUNGENE」と言う検査キットです。

お問い合わせ

新型コロナウイルス抗体検査について、ご不明な点等お気軽にご相談・お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

096-287-8733

受付時間
月~水・金 9:00~18:30、木曜 9:00~12:30、土曜 9:00~14:00
休診日
木曜午後、土曜午後、日・祝日

掲載されている内容に関する情報は、記事の掲載日現在の情報です。
その後、予告なしに変更となる場合がございます事をあらかじめご了承ください。