ましきクリニック耳鼻咽喉科

プラセンタ

めまい、耳鳴などの慢性疾患の治療や
アンチエイジングを目的とした方に有効です。

人間が誰でも持っている、自分で病気や怪我・トラブルを治そうとする力「恒常性維持機能」を強化してくれるのがプラセンタです。実際の医療現場でも使用されており、様々な疾患や体調不良・不定愁訴の治療に効果を発揮すると言われています。

プラセンタとは

日本語でいうと胎盤のことです。
胎盤は赤ちゃん(胎児)を母体内で育てるために、妊娠中に臨時につくられる臓器です。
プラセンタと赤ちゃんは「へその緒」でつながっており、プラセンタから赤ちゃんに色々なもの(細胞増殖因子や各種栄養など)を送ってあげる事で、お母さんのお腹の中で成長していきます。

プラセンタは1個の細胞(受精卵)をわずか10ヶ月で60兆個まで分裂させて人間を作り上げる事ができます。

プラセンタの特徴

  • 1細胞活性
    体内の様々な細胞分裂を促進します。
    細胞増殖因子や免疫力を向上させるインターロイキンを含んでいます。
  • 2コントロール
    細胞再生をコントロールし不要な細胞は抑え、足りないものは補います。
    内分泌なども調整します。
  • 3栄養素
    人間の体に必要なほぼ全ての栄養素
    (必須アミノ酸を含む10種類以上のアミノ酸、ビタミン、ミネラル、タンパク質など150種類以上)が
    入っていることが確認されています。

人間誰もが持っている、自分で病気やトラブルを治そうとする「恒常性維持機能」を強化するのがプラセンタの大きな役割です。
プラセンタ療法とはプラセンタエキスを注射、内服によって体内に取り入れ、細胞の若返りを期待する治療法です。

プラセンタが良く効く疾患

プラセンタは多くの病気の治療、病気の予防、美容、アンチエイジングに使われています。

内科 肝炎 頭痛 貧血 食欲不振 十二指腸潰瘍 高血圧 など
整形外科 肩こり 神経痛 関節痛 腰痛 など
婦人科 更年期障害 生理痛・不順 冷え性 など
神経科 自律神経失調症 うつ病 不眠症 など
皮膚科 アトピー性皮膚炎 肌荒れ しみ 乾燥肌 脱毛症 など
泌尿器科 夜尿症 性欲低下 など
耳鼻咽喉科 めまい 耳鳴り 神経性難聴 メニエール病 アレルギー性鼻炎 嗅覚障害 味覚障害
口内炎 舌炎 など

当院で行っている治療

プラセンタ製品には注射薬・健康食品・化粧品があります。
注射薬はヒトの胎盤を原料にしており、健康食品と化粧品は主にブタやウマの胎盤を原料にしています。

プラセンタ注射
1回2アンプルの注射が効果的です。
プラセンタ注射 1アンプル 1,000円※1アンプル/週2回 または 2アンプル/週1回で3ヶ月程度が目安となります。
プラセンタサプリメント
不定期にしか通院できない方におすすめ
1箱(30日分)12,000円(税込)※注射と同じ効果を、というコンセプトで2カプセル=注射1アンプルにほぼ相当します。

よくある質問

プラセンタと注射とサプリメントはどう違うの?
注射はヒトの胎盤を原料に、サプリメントはブタやウマを主な原料にしています。
注射は即効性がありますが、「痛い」「クリニックに通わないといけない」などがあります。
サプリメントはゆっくりと吸収されますが痛くなく、手軽に摂取でき、自分で調整を行うことができます。
美容にも効果があるのはなぜ?
プラセンタには10の美容効果があると言われています。
  1. 細胞分裂促進作用
  2. 美白作用
  3. 免疫賦活作用
  4. 抗炎症作用
  5. 弾力回復作用
  6. 末梢血流促進作用
  7. 老化角質融解作用
  8. 肉芽形成促進作用
  9. 保湿作用
  10. 活性酸除去作用
上記作用が「お肌のトラブルの原因を取り除く」「トラブルになった肌を改善に導く」のです。
どのくらいの回数(間隔)で受ければいいのでしょうか?
1アンプルを週2回、上腕部に皮下注射を基本としていますが、1回2アンプルの注射が効果的です。
2ヶ月を目安としていますが、効果が現れる症例は2~3ヶ月頃から改善してくることが多いです。
副作用はありませんか?
注射薬は50年以上前に厚生省認可を受けており今日まで使われてきました。
注射部位の発赤など以外、これまで重篤な副作用もなく非常に安全性の高い薬剤です。
注射の注意点は?
保険は適応されません。また「特定生物由来製品」のため
注射同意書(治療内容、メリット、リスクの説明、献血不可など)に署名いただく必要があります。