ましきクリニック耳鼻咽喉科

子どもの中耳炎

中耳炎でご心配されているお母さん方へ

子どもがよくかかる病気の一つに「中耳炎」があります。
中耳炎は3歳までに70%の子どもが発症するというデータもあるほど身近な病気です。

中耳炎の主な症状と症状に対する不安

  • 急に耳に激痛が走った
  • 最近よく耳をさわり、機嫌が悪い
  • 子どもが夜中に耳が痛いと泣き叫んで熱発・・・
  • 耳が詰まった感じがして受診したら「中耳炎ですね」といわれ心配
  • 中耳炎が治らずずっと通院、薬も長期間飲んでおり心配・・・
  • 最近返事をしないので受診したら「鼓膜の奥に水が溜まっている」と言われた
治療のポイント
中耳炎の正しい知識を身につけていただくことで早期発見・再発防止につながります!

きちんと知ろう!中耳炎について

01中耳炎の種類と炎症がおこる場所

中耳炎は、中耳(鼓膜から奥の部分)に鼻側から炎症が起こる病気です。
痛みや熱を伴うことの多い「急性中耳炎
内耳に水が溜まる「滲出性中耳炎
他に「慢性中耳炎」や「真珠腫性中耳炎
飛行機に乗って起こる「航空性中耳炎」などもあります。

02急性中耳炎について

風邪をこじらせた場合などに、最近やウイルスが鼻の奥に感染して
耳管を通って中耳へと侵入することで急性中耳炎が起こります。
鼻から耳管を経由して起こりますので、鼓膜に穴が空いていなければ、耳に水が入って中耳炎になるということはありません。

どうして子どもがかかりやすいの?

中耳炎は1歳までに約60%、3歳までに80%の子どもが少なくとも1回はかかると言われており、
それには以下のような理由があります。

理由1耳管の構造

子どもは大人と比べ顔が小さいため、耳管が大人よりも太く短く、耳と鼻が水平の位置にあります。
そのため鼻の奥に細菌がいると、太くて水平な耳管を通って簡単に細菌が中耳に入ってきてしまいます。
成長するに従い耳の方が鼻より高い位置に変わってきます。すると耳管も細く長く斜めになるため細菌が入りにくくなるのです。

理由2鼻をうまくかめない・集団生活(感染の機会が多い)

子どもはうまく鼻をかめず、すすってしまうことが多いため
細菌を含む鼻水が奥にたまり、耳管経由で中耳炎を起こしやすくなります。
風邪を含め感染症にかかる機会も多く、これが鼻水の原因となっていることが多くあります。特に幼稚園や保育園などで集団生活をしている子どもたちは、治っては次の風邪をもらうといった感染の反復が多くみられます。

理由3アデノイド肥大

咽頭扁桃ともいい、3歳頃から大きくなり、6歳をピークに少しづつ小さくなります。
幼児期にはしばしばアデノイドが肥大することがあり、アデノイドが鼻の奥の耳管の入り口を塞いでしまうため中耳炎になりやすくなります。

このような条件がそろうと、急性中耳炎になりやすくなります。
1回だけかかって治った子どもも、しばらくしてまた再発、というように繰り返す子どもがいます。繰り返すお子さんには元々滲出性中耳炎があったり、アレルギー性鼻炎があったり、集団保育を受けている、などの原因があります。

鼓膜切開は必要?

鼓膜切開は子どもにとってはとても怖い手術です。
できるだけ切開は避け、時間がかかっても通院治療での完治を目指していきたいと考えています。
抗生物質の発達と衛生環境の改善で、急性中耳炎は内服や処置等の治療をしっかり行えば、
以前より治りやすい疾患となりました。
ただし、鼓膜切開を必要とするケースもあります。

どんなときに切開を必要とするのか
  • 38℃〜39℃の発熱が持続している場合
  • 鼓膜の発赤・膨留が著名な場合
  • 反復性中耳炎となっている場合
  • 鼓膜の奥の浸出液が投薬にても改善の見込みがない場合

などがあげられます。

「鼓膜切開すると鼓膜に穴が開き将来聞こえなくなるのではないか」と心配されることがありますが、
切開孔は数日で閉じることが多く上記の症状が早く改善しやすくなります。
「鼓膜切開するときは痛い」と思われるかもしれませんが鼓膜に痛み止めの麻酔を行いますので痛みは軽くなります。

鼓膜切開にあたってはメリットデメリットを勘案し判断する必要があり、
当院では画像で説明し、納得いただいた上で行っています。

急性中耳炎を反復している方へ

乳幼児などで鼓膜切開を短期間に何度も繰り返さなければならない場合は、鼓膜切開で空けた孔が閉じないよう鼓膜換気チューブを留置することがあります。
中耳への空気の出入りを常時維持し、中耳粘膜が正常に戻るのを期待する方法です。これにより聞こえもよくなり熱発も少なくなります。
通常数カ月留置し、治癒が確認できればすぐに抜去します。よほど怖がる子どもでなければ、留置・抜去ともに外来で処置可能です。

内服薬について

軽症の場合はウイルスが原因の場合が多いので鎮痛剤、消炎剤のみを使います。
中等症以上はガイドラインに従い、抗生剤(ペニシリン系(アモキシシリンなど)・セフェム系および合剤)を使用します。難治性の場合はカルバペネム系やニューキノロン系も考慮します。
炎症は鼻から耳管経由で起こるため、鼻やのどの処置及びネブライザー療法は必須と考えています。
耳の中は耳鼻科用器械を使用しないとしっかり見えませんので、当院では、専用カメラで拡大観察し、
治療効果を確認していきます。

小児科との使用抗生剤の違いについて

時々患者さんから、「耳鼻科」での処方と「小児科」での処方内容が異なるため、
小児科で「強い薬処方されているね!と言われ心配」などのご指摘をいただくことがあります。
中耳炎の治療ガイドラインが策定されており、当院ではその治療法に従い治療しています。
漫然と弱い抗生剤で完全に治らず慢性化するのを防ぐため、短期的に強い薬でしっかり菌をやっつけなければならない場合があることをご理解いただければと思います。
ただ滲出性中耳炎については治りにくい症例もあるため、長期的に服薬が必要な場合もあります。
(マクロライド少量長期療法といいます)

通院回数について

耳漏が出ているとき

耳漏が出ているときは頻回に耳処置をする必要があります。
耳漏そのものが細菌の温床となり、なかなか完治しないばかりか、鼓膜に穴が開いて閉じない現象(慢性中耳炎化 )を防ぐことが目的です。慢性化すると入院による鼓膜閉鎖術を要する場合もあります。

鼻水が大量に出ているとき

鼻水が大量に出ているときも鼻処置の通院が必要となります。
同じく感染源を絶ち、耳に溜まっている炎症を鼻に排出させることが目的となります。
また頻回のネブライザ―治療により、鼻の炎症を根本から抑えることで早期治癒が期待できます。

予防接種について

季節性インフルエンザワクチン

ウイルス性中耳炎は上気道炎に引き続き起こるため
インフルエンザウイルスに伴う中耳炎の予防ができることになります。

肺炎球菌ワクチン/ヒブワクチン

肺炎球菌ワクチンは肺炎球菌を原因とする中耳炎の発症を予防できる可能性があります。
一方ヒブワクチンはインフルエンザ菌のbタイプという細菌に対するワクチンで、この菌は中耳炎を起こす菌ではないためヒブワクチンは中耳炎の予防効果はありません。

03滲出性中耳炎について

耳と鼻とをつなぐ耳管は、中耳の気圧を外気圧に合わせる働きがありますが、風邪をひいたりしてこの機能が悪くなると、気圧の調整が十分にできなくなります。すると、中耳の気圧がだんだん低くなり、鼓膜が外から見て凹んだ状態になります。これが続くと中耳に滲出液が溜まりこの状態を滲出性中耳炎といいます。痛みなどは伴わず、耳閉感、聞こえにくい、などが主な症状です。
健康でも2歳までにほとんどの子どもが罹患し、大多数は気づかないまま自然治癒していると考えられています。

風邪の後、急性咽喉頭炎、アレルギー性鼻炎、アデノイド肥大など鼻やのど周辺の炎症すべてが滲出性中耳炎の原因となり得ます。

もしかして・・・
お子さんの耳ちゃんと聞こえていないかも!?

  • おこりっぽく、よく泣く・言葉の発達が遅い

    2〜3歳

    • おこりっぽく、よく泣く
    • 言葉の発達が遅い
  • 後から呼んでも返事をしない・大きな声でしゃべる・テレビの音を大きくする・言ったことを聞き返す

    3〜6歳

    • 後から呼んでも返事をしない
    • 大きな声でしゃべる
    • テレビの音を大きくする
    • 言ったことを聞き返す
  • 落ち着きがない・協調性がない・積極性がない・内向的である

    6歳以上

    • 落ち着きがない
    • 協調性がない
    • 積極性がない
    • 内向的である

乳幼児に多く発症し、年齢とともにその頻度は減少すると言われていますが、長期になると鼓膜の変化・悪化をきたすものもあり、放置すれば、癒着性中耳炎、真珠腫性中耳炎などの聴力障害の後遺症が残る難治性中耳炎に移行する場合があります。
長引く風邪などの後には、お子さんの聴こえの状態に注意し、少しでもおかしいと感じたら必ず診察を受けてください。

治療方法について

抗生物質(マクロライド少量長期療法)や消炎酵素剤などを内服し、滲出液が溜まらないようにします。
また、耳管に空気を通して広げ、滲出液が抜けやすくなるための「耳管通気」という治療を通院して行います。さらにネブライザー療法も必須です。
1~2カ月間、そのような治療をしても滲出液が鼻側に抜けない場合は、鼓膜を切開して滲出液を出します。鼓膜は通常数日でふさがります。
また鼓膜換気チューブを留置して滲出液が溜まらないようにすることもあります。
経過を観察しながら、半年から1年、長いときは2年位留置します。チューブ留置中は定期的に状態をチェックし、水泳なども耳栓をして可能な状態に維持します。完全に治癒したことを確認してから抜去すると鼓膜は自然にふさがります。

根気よく続けることが大切!

滲出性中耳炎は治療が長期間にわたりやすい病気であるとともに一度治癒しても再発の可能性が高い病気でもあります。治療を行っていったん滲出液がなくなっても、鼻の状態が悪かったり、耳管機能が安定しないと、すぐに中耳に滲出液が溜まってしまうからです。
再発しにくくなる年齢は、鼻の状態や耳管機能が安定し、免疫力がついてくる8歳頃と言われていますのでこの頃までは特に注意が必要と言えます。
滲出性中耳炎の治療は何よりも根気よく続けることが大切なのです。