ましきクリニック耳鼻咽喉科

口臭治療

なかなか自分で気付きにくい口臭。
由来となる原因を調べ適切な治療を行います。

口臭は決して特殊な病気ではなく、誰でもあるものです。
ただし、口臭の程度には個人差があり、強い口臭の場合は他人に不快感を与えることがあります。
当院では口臭の原因を調べ、原因にあわせた治療、ご相談を受け付けています。

いろいろな口臭

ひとくちに口臭と言ってもさまざまな原因で発生するいろいろな口臭があります。

  • 精神的な口臭
  • 口腔内に原因がある口臭
  • 一過性の口臭
  • 身体の疾患に原因がある口臭

お口の中でつくられる口臭

病的口臭

お口の病気が原因の口臭

歯周疾患・う蝕など口腔内の疾患が原因で発生する口臭

生理的口臭

健康な状態でも発生する口臭

口腔内の疾患がなくても生理的に発生する口臭
例)起床時、緊張時、運動時、空腹時

お口の中で臭いが発生する場所

舌苔とは?

舌粘膜を含む口腔粘膜の脱落上皮細胞や白血球、歯肉溝浸出液、食物残渣などが舌の表面に垢のように堆積したものです。

舌表面構造

舌表面は無数の小突起(舌乳頭)が密生しており、口腔内の新陳代謝物や食物残渣などが溜まりやすい構造になっています。

口臭の原因は舌苔から発生するVSC

お口の中で臭いをつくる犯人は?

嫌気性菌(けんきせいきん)が臭いのガスを発生しています。

舌苔とは?

嫌気性菌とは?
酸素を好まない細菌で、舌苔の深部や歯周ポケット深部の酸素の少ない環境で増殖します。

舌苔中はエサが豊富で嫌気性菌が棲みやすい環境です。
嫌気性菌が舌苔中のエサを食べて消化します。※1
臭いのガスVSCを発生!

※1 細菌のエサは、含硫アミノ酸やペプチド等の硫黄を含んだタンパク質。細菌はそれらを食べて、タンパク分解酵素活性という働きで消化し、VSCを発生します。

臭いが発生するお口の状態

一時的に口臭が強くなる環境

生理的口臭の口腔内環境

嫌気性菌が一時的に活発になる環境
唾液の分泌量の低下・不足による自浄作用の低下で口腔内が乾燥している状態。
一時的に口腔内(主に舌苔)が嫌気性菌の好む環境に変化する。

常に口臭が強くなりやすい環境

病的口臭の口腔内環境

エサが豊富で嫌気性菌が大好きな環境
歯周病などの疾患によって破壊された組織や出血、排膿などは嫌気性菌にとって格好のエサであり、
臭いの元。疾患のある口腔内は、常に嫌気性菌が繁殖しやすい状況。

精神的な口臭

必要以上に自分は口臭がきついと思い込んでしまう口臭症。
精神的ストレスの影響から唾液の分泌が減少し、口腔内が乾き、口臭が強くなってしまうこともあります。

唾液の分泌が低下すると口臭がきつくなる

口臭の一日の変化を見てみると口腔内が乾燥している時に口臭がきつくなっているのがわかります。

起床時口臭
睡眠中は唾液の分泌量が少なく、自浄作用が低い状態。細菌にとって最も活動・増殖しやすい環境にあります。起床時に口臭がきつくなることはもちろん、う蝕や歯周疾患にかかりやすい時間帯でもあります。

緊張時口臭
緊張(精神的ストレス)することにより唾液の分泌は抑制されます。従って口腔内が乾燥し口臭が強くなってしまうことがあります。

お口以外から発生する口臭

飲食物による一過性の口臭

ニンニクやお酒等に含まれる臭いの成分が消化吸収され、血液中に移行し、肺のガス交換により呼気として排出される。

身体の疾患が原因の口臭

気管支拡張症・糖尿病・尿毒症・肝臓疾患などが原因で発生する臭いの成分が血液中に移行し、肺のガス交換により呼気として排出される。

耳鼻咽喉科疾患が原因の口臭

扁桃腺炎・咽頭炎・副鼻腔炎などの疾患から臭いが発生し呼気として排出される。

疾患による口腔乾燥

疾患の症状としての口腔乾燥や服用しているお薬の副作用としての口腔乾燥がある場合、呼気の臭いに加えて口腔内からの口臭の発生をともなうことになります。
※お酒の飲み過ぎによっても口腔内は乾燥してしまいます。

よくある質問

口臭治療はどのような時に受ければいいのでしょうか。
実際に悪臭があるか、また人に不快感を与える臭いがあるかどうかは、自分自身では分かりません。そのような時に受診していただき、口臭の状態を把握し、その原因を特定し、それぞれの原因に対応した治療を行います。お口の臭いでお悩みの方は、一人で悩まず、是非、一度ご相談ください。
口臭外来初診当日の注意点などはありますか?
朝の起床時の口臭は高く、その後の飲食で臭い成分が流されて低下してしまいます。
初診当日は起床後の歯磨きや洗口剤の使用などせず 飲食も控え、できれば午前中に受診してください。午後になる場合は事前に受診されることをお電話でお知らせいただくと助かります。
受診前日の晩は飲酒およびニンニクなどのニオイの強いものの飲食も控えて下さい。
測定時になるべく高い値をみつけなければ、口臭測定の意味は失われてしまいますので、正確な口臭測定を行うためにもお守りくださいますようお願いいたします。
診療内容について教えてください。
まず、専門機器を使用した口臭測定を行い、悪臭成分の濃度を明らかにします。検査の結果、悪臭濃度が高い場合には、原因があります。特に口の中の不潔や歯周病が多く、ドライマウス、鼻・喉の病気なども原因となります。このような発生原因について検査を行い、原因を見つけ、それぞれの方に応じた口臭の治療を行っております。
舌の掃除をしたら口臭予防できますか?
舌の表面に沈着している苔状の物質(舌苔)があります。これを口の中の細菌が分解して悪臭成分を作ります。ですから、口臭除去には舌の清掃が効果的です。ハブラシなどを使うと舌の表面が傷ついてしまうので、舌ブラシと呼ばれる専用の器具を使用するか、濡らしたガーゼを指に巻いて使用しても結構です。
胃が悪いと口臭の原因になりますか?
口臭の原因は、胃や腸の内臓疾患や呼吸器系疾患などの全身疾患によるものもあります。消化器疾患(しょうかきしっかん)の場合、様々な原因で口臭が発生します。体の健康は、口の中の健康です。暴飲暴食や、不規則な生活による消化器疾患かもしれないと思い当たる方には生活改善の指導もいたしております。