ましきクリニック耳鼻咽喉科

耳の病気

耳鳴り

耳鳴りは高齢になるほど増加し、日本人の人口の約2~3%

約300万人の人が耳鳴りに苦しんでいるといわれています。miminari

耳鳴りは誰にでも起こる現象ですが、日常生活に支障が出ている場合は

耳鼻科での治療が必要です。

「耳鳴りはよくならない」「一生治らない」と諦めている方もいるかもしれませんが

最近徐々に耳鳴りの発生と悪化のしくみは解明されつつあります。

 

 

耳鳴りはどうして起こるの?

全く音のない場所では誰でも耳鳴りは聞こえると言われています。

ただ、ごく小さいため日常生活では周囲の音にかき消されて聞こえません。

ところが難聴など聴覚路(音を電気信号に変えて脳へ伝達する経路)の障害

強くなると電気信号が脳に届きにくくなります。

すると脳が音(電気信号)を聞こうと徐々に変化して

小さかった耳鳴りにも気づくようになるのです。

耳鳴りは聴覚の障害がきっかけで変化した

「苦痛を感じる脳」から発生することが多いのです。

 

耳鳴りはどのように悪化するのでしょうか?

日常生活のストレス、自律神経のアンバランスなどが生じると

「苦痛を感じる脳」の働きがさらに進み耳鳴りが増悪します。

「苦痛を感じる脳」の悪化が原因なのです。

 

 

当院での治療法

耳鳴りの治療には様々な方法があり当院では、詳しい問診、検査、診察を行いkenkoushindan_monshin

患者さんごとに最適な治療を選択していきます。

 

「聴覚路」に対する治療

・薬物治療

末梢血管の血液の流れをよくして脳や耳の代謝を活性化する

ビタミン剤や循環改善剤が中心ですが

漢方薬を併用すると効果的な場合があります。

・星状神経節照射

スーパーライザーという機器を用い、首の星状神経節に

遠赤外線を照射します。定期的に行うことで

交感神経の緊張をやわらげ、血流改善効果が期待できます。

 

・補聴器を使った治療

軽度の難聴でも、補聴器を使って変化してしまった脳へ

音(電気信号)を届けることで耳鳴りを発生させた脳を

変えることを目的とします。

難聴にも様々なタイプがありますのでしっかり精査をした上で

補聴器のフィッティングを行っていきます。

「苦痛を感じる脳」に対する治療

・耳鳴りを正しく理解すること

医師の説明を聞いて耳鳴りを正しく理解することで

必要のない不安や思い違いを解消することが大事です。

・薬物治療

苦痛を感じる脳の不安を軽減するためにkanpou

抗うつ薬や抗不安薬を用い自律神経症状を抑えます。

漢方薬が著効する場合もあります。

 

・音響療法(サウンドジェネレーター)

当院で積極的に取り組んでいる治療法です。

機器を耳に装着し自然の音や治療音を聞くことで

耳鳴りを小さく感じるように訓練します。
 

音響療法グラフ

耳鳴りの音がするだけで聴力が正常のケースは音響療法の効果はあまり期待できません。
よって漢方薬またはプラセンタ療法との併用を考慮する必要があります。

耳鳴り改善へのステップ

個人差はありますが耳鳴りをしっかり理解することで

次のように改善していくのを目標としています。

諦めることなくあせらずに

自分のペースで治療していきましょう。

 

診察を受けて気持ちが落ち着いた

耳鳴りにだんだん慣れてきた

普通に生活できるようになった

耳鳴りがしていることを忘れる

静かなところだけで耳鳴りが聞こえる